矯正歯科
Orth

矯正歯科学会認定の矯正認定医が治療します

副院長は矯正歯科学会認定の矯正認定医です。小児矯正はもちろん、部分矯正、成人矯正も行っております。お気軽にお問合せ下さい。

矯正治療中の虫歯等の治療も当院で合わせて行う事ができます。

矯正歯科について

出っ歯、受け口、デコボコの歯(乱杭歯)などでお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになり、調和の取れた顔立ちになる事だけではなく、
咀嚼機能の改善や、発音障害の改善など、全身の健康に影響を及ぼす治療の一分野です。

矯正治療の流れ

step 1 カウンセリング

矯正治療についての流れや装置、期間、費用についてご説明し、不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。
どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

 

step 2 検査

治療前に口腔内の検査を行い、口腔内模型、レントゲンなどの資料を基に、診査・診断を行ったうえで治療を進めていきます。

 

step 3 診断

検査結果から治療経過をシュミレーションし、患者様に分かりやすく治療計画をご説明いたします。
患者様には十分に内容をご理解いただいたうえで治療に入っていただきます。

 

step 4 装置装着

口腔内を綺麗にした後装置を装着します。
装着後は担当医より歯磨きの指導がありますので、指導に従ったブラッシングを行ってください。

 

step 5 装置装着期間中

治療期間中は、1~2ヶ月に1度ぐらいのペースで通院していただき治療経過を確認していきます。
装着期間は、小児矯正でおよそ6ヶ月~3年で、成人矯正で1~3年ぐらいです。

 

step 6 保定(リテーナー)

歯が計画通りの位置に移動したら装置を外します。
治療後の歯の位置を安定させるため保定装置(リテーナー)を使用します。
その後も1~2年ぐらい3~6ヶ月に一度は通院していただきます。

矯正治療の必要性

歯並びが悪いと

出っ歯や受け口などといった歯並びの悪さは見た目の美しさが損なわれるだけでなく、
実は身体に様々な悪影響を及ぼす恐ろしい病気なのです。
そのいくつかの例として以下のものが挙げられます。

  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 発音に影響を起こす場合がある
  • 食べる時に効率が悪い
  • 成長期に、悪い歯並びを放置しておくことで、顎の成長が悪い方向にすすんだり、発育不足をおこすことがある
  • 悪い歯並びが、劣等感になり、心理的にストレスを与える場合があります
  • 全身の姿勢のバランスをくずし、頭痛や肩こりなどの原因になることがあります

などといった悪い連鎖反応をおこさいないためにも歯並びに不安を感じたら、是非一度 当院でご相談下さい。

矯正装置

メタルブラケット

メタルブラケット

金属で出来たブラケットです。金属で出来ているため薄くて丈夫なつくりになっています。
接合部の接着剤の発達により小さな金属を使用しているので以前ほど目立たなくなりました。

ホワイトブラケット

ホワイトブラケット

金属部が白いセラミックで出来ているためメタルブラケットより目立たず審美性に優れています。
治療期間はメタルブラケットと変わりません。

リンガルブラケット(裏側の装置)

他の矯正装置より価格は高くなってしまいますが、表からは装置が見えないため、矯正しているようには見えません。 接客業や芸能関係の方に人気の装置です。

マウスピース矯正

透明で取り外し可能なプラスチックのマウスピースを、定期的(2週間前後)に1度交換することにより徐々に歯を動かしていきます。 ホワイトニングも同時に行うことが可能です。
見た目は透明なので他の人には、ほとんど見えません。また、金属アレルギーの方でも問題ありません。

部分矯正(MTM)

歯にクラウンやブリッジなどを入れる治療の際に歯の位置や角度が悪くて入れられない時に、 部分的に矯正することによって適切な歯並びの状態で治療できるようにするための矯正です。

リテーナー(保定装置)

リテーナー(保定装置)

リテーナーは矯正装置によって歯や顎の移動が終わった後に、歯を動かさないように固定させる為にするものです。
リテーナーにもいくつか種類があります。

 

成人・小児矯正

一言に矯正治療といっても成人の方とお子様では成長しきった骨と成長過程の骨のちがいになるので治療にも差が出てきますのでしっかりと認識された上で治療を検討されることが必要です。

成人矯正

成人矯正:写真

成人矯正とは永久歯が生え揃って骨格が完成している方への治療です。
審美面での改善を目的とする人も多いですが、歯並びが整うことにより、歯周病・虫歯・発音が改善されるだけでなく、噛み合わせが正常になるため頭痛や肩こりなど身体的な改善にも繋がります。

小児矯正

小児矯正:写真

小児矯正とは顎の骨が成長しきる前の矯正で、矯正治療としては理想の状態での治療になります。
顎の骨の柔らかいうちに始めることにより、成長に合わせて矯正できるため抜歯の確率も低くなり、良い治療結果が得られやすくなります。
健康な歯並びをお子様の間に手に入れておくと大人になってからも虫歯や歯周病になりにくい健康な歯でいられます。