インプラント

インプラント
implant

インプラントとは

インプラントとは歯を失ってしまった場合に「第二の永久歯」として人工的に作られた歯根を歯の抜けしまった部分に埋め込む画期的な治療法です。
天然の歯のような自然な噛み心地と審美性をもち、埋め込む金属部分も人体との親和性の良いチタンなどで出来ているため金属アレルギーの心配もございません。
まるでご自分の歯が蘇ったかのような感覚を得られ手入れさえしっかりしていれば半永久的にご利用できます。

 

インプラント治療

インプラント治療

私たちは年を重ねるにつれて歯周病や虫歯などで歯を失ってしまうことがあります。

従来までは、入れ歯やブリッジなどで抜けたところを補ってきましたが、どうしても噛みにくかったり外れやすかったり歯茎がやせてしまうなど様々な問題が生じてきました。

しかし、今日インプラント治療により劇的にこれらの問題点が改善されました。

インプラント

インプラントとは歯の抜けた部分に人工歯根部として人体との親和性に優れた金属(チタン)を埋め込みセラミックなどで作られた歯冠を取り付けた治療法です。
インプラントは見た目の審美性にも優れまるで本物の歯のような光沢を持ち、食べ物を噛んだ感触もしっかりと顎に伝わるため歯茎が痩せてしまうことなくまるで自分の歯が蘇ったかのような感覚が得られます。

また、使われている金属(チタン)は、金属アレルギー反応を起こさないので安心して埋め込むことができます。

埋入後もしっかり手入れを怠らなければ半永久的にご利用いただけるので「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラント治療の流れ

step 1 カウンセリング

まずは治療についてのカウンセリングを行います。
インプラント治療についての流れをご説明し不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。
どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

 

step 2 検査

治療前に口腔内の検査を行い、口腔内模型、レントゲンなどの資料を基に、診査・診断を行ったうえで治療を進めていきます。

 

step 3 一次手術

局部麻酔をしフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を顎の骨に埋め込みます。
所要時間は1時間前後で痛みはほとんどありません。

 

step 4 治癒期間

フィクスチャーが顎の骨と結合するまでおよそ3ヶ月~6ヶ月様子をみます。
その間仮の歯を入れることが出来るので生活に支障はございません。

 

step 5 二次手術

局部麻酔をし歯肉を開きインプラントの頭部分を出しアバットメント(連結部)を装着します。
所要時間は1時間ほどで痛みはほとんどありません。

step 6 人工歯装着

切開した歯肉が治ったら歯並びや色などをチェックしながら人工歯の型をとります。完成し装着したら完成です。

 

step 7 メンテナンス

治療後はおよそ3ヶ月おきにメンテナンスを行います。
インプラントを埋めたからといっても日ごろからの自己管理がなされていないとインプランとの寿命も短くなってしまいます。

インプラント装着の手術には1回法と2回法の2種類があり、上記は2回法の手術の流れとなります。
1回法の手術では、手術を一度のみとし、歯の装着までを一日で行うことが出来ますが、
デメリットとして、人工歯根と骨との結合を待つ期間が無いという点があります。

インプラント治療

インプラント治療

私たちは年を重ねるにつれて歯周病や虫歯などで歯を失ってしまうことがあります。

従来までは、入れ歯やブリッジなどで抜けたところを補ってきましたが、どうしても噛みにくかったり外れやすかったり歯茎がやせてしまうなど様々な問題が生じてきました。

しかし、今日インプラント治療により劇的にこれらの問題点が改善されました。

インプラントとは歯の抜けた部分に人工歯根部として人体との親和性に優れた金属(チタン)を埋め込みセラミックなどで作られた歯冠を取り付けた治療法です。
インプラントは見た目の審美性にも優れまるで本物の歯のような光沢を持ち、食べ物を噛んだ感触もしっかりと顎に伝わるため歯茎が痩せてしまうことなくまるで自分の歯が蘇ったかのような感覚が得られます。

また、使われている金属(チタン)は、金属アレルギー反応を起こさないので安心して埋め込むことができます。
埋入後もしっかり手入れを怠らなければ半永久的にご利用いただけるので「第二の永久歯」とも呼ばれています。

他の治療との違い

インプラント

インプラント

歯の抜けた部分に人工歯根部として人体との親和性に優れた金属 (チタン)を埋め込みセラミックなどで作られた歯冠を取り付けた治療法。
審美性に優れ食事にも違和感がありませんが費用が高価だったり手術が必要です。

メリット

  • 審美性に優れ、食事にも違和感がない
  • 隣の歯を削らずにすむ
  • しっかり噛めて顎に力が入るため顎の骨がやせにくい
  • メンテナンスさえしっかりすれば半永久的に使用可能

デメリット

  • 費用が高額
  • 手術が必要
  • 治療法により治療期間が長い

ブリッジ

ブリッジ

失った歯の両側の歯を削って、そこに橋を架けるように義歯を装着します。
義歯の素材にもよりますが見た目にも問題はありませんし食事などにも違和感がありませんが、健康な歯を傷つけて支柱にするため負担が大きく将来的に支柱の歯も失う恐れがあります。

メリット

  • 比較的安価で治療可能
  • 治療期間が短い
  • 安定感がある

デメリット

  • 両側の健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に負担がかかるため歯の寿命が短くなる
  • ブリッジ部分と歯肉の間に食べかすが詰まりやすく不衛生
  • 顎の骨がやせる

入れ歯

入れ歯

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、いずれも費用が安価で短期間で治療が終わります。
口腔内も傷つけることもありませんが使用の際は違和感があったり取り外しての洗浄など不便なところがあります。
 

メリット

  • 比較的安価で治療可能
  • 治療期間が短い
  • 健康な歯を傷つけずに済む(部分入れ歯)

デメリット

  • 食事などに違和感がある
  • 食べかすが残りやすく口臭の原因になる
  • 取り外して洗浄といった手間がかかる
  • 顎の骨がやせる
  • 会話中うまく発音ができない